あぞう接骨院

治療方針 Treatment policy

患者様にとって最も良い効果のある方法をご提供したい。

 まずその怪我の痛みがどこからどの原因にて発生しているかを、一度で判断はせず、2~3日間から1週間にて一番の疑いのあるところから治療し、原因をスクリーニング(ふるいわけ)していきます。

 「一度で判断しない」というのは、どうしても一度では判断できないからです。人間の体は千差万別です。教科書どおりにいくことは殆どありません。例えば、この患者さんでは、腰痛はこの筋肉の原因でしたが、また別の患者さんでは同じような腰痛でも、違う筋肉に原因があったりします。また、筋肉だけでなく、関節に原因のある場合もあります。他にも神経に原因がある場合などさまざまな原因が考えられます。

 約1週間経過しても、症状の改善がない場合はさらに、近くのしっかりとした医療機関にご依頼し、レントゲンやMRIやCTといった最新の機器によってご診断を頂きます。そのようにふるいわけをして私たちの治療範囲外であれば、ご診断を頂いた病院にて治療をご依頼いたします。

 このようにして、一番の痛みの原因を見つけ出し、また治療範囲外であっても隠れている病を見つけ、患者様にとって最も良い効果のある方法をご提供できるよう日々努力して参りたいと思います。