あぞう接骨院

院長ブログ Director blog

私達の遺伝子は無限の力を持っている!?
私達が、この世に命を頂いたということは、必ず両親がいるということですね! 逆に、 私達は、両親以外の方から生まれることは、間違っても出来ないのですね! どんな両親であろうと、 その親様がいてくれたおかげで、 今日、この貴重な命を頂けた訳ですね\(^o^)/ 私達のご先祖様を10世代遡ると、 母方、父方合わせて1024人おります。 これを、どんどん遡り、 40世代遡ると、 なんと! 1兆995億1162万7776人のご先祖様がいらっしゃいました(≧∇≦) こんな私ですが、 このご先祖様の誰か一人でも欠けていたら、 今、ここに、 私という人間は、存在していないのですね(≧∇≦) 本当に感謝以外何もありませんね! これらの数え切れないご先祖様の情報が全て私達の遺伝子の中に入っております。 ですから、 今後、このご先祖様方の誰の時代の遺伝子にスイッチを入れるかで、私達の今後の人生が大きく変わると思います! もちろん、免疫力アップの遺伝子にスイッチオンすれば、病気治しもうまくいくと思います! 最後までお読み頂き誠にありがとうございました。
手足を動かす指令はどこからくるのか?

先日、子供たちと近所の公立図書館へ行ってきました。

子供が借りてきたある本の内容に目が止まりまいした。

子供が「手伝って!」というので、子供の手を押さえてあげました。

その後、手を離すと

子供の手は挙げようとしていないのに、挙がって行きました。

ここで、

お父さんもしてほしいということでやってみました。(*^_^*)

すると・・・

手が「挙げよう」としないのに勝手に挙がっていきました。

ここで「片麻痺回復の運動療法(川平法)のリハビリで反復がとても大切と言っていたこと」がよくわかりました。




腕を挙げるイメージを送り続けたことにより、脳は受信し続けました。

そして、

腕を挙げるイメージは止めたのに、その波動はしばらく送り続けられたようです。

まるで湖面の波紋のように・・・。

やはり、

想い描くイメージは、波動のようです。

さらに言えば、

そのイメージは、脳ではなく脳以外のところから送られているように思います。

「自分がどう思うか」でその指令を脳が受信し、体に表れているように思います。






最後までお読みいただき誠にありがとうございました。





最近、自分のリハビリも反復が大切だと再確認したところでした。


何事も反復が大切なようですね。

この現実世界で具現化するためには、ただひたすら反復が必要なようです。

楽しんでリハビリを反復させていただきたく思います\(^o^)/

「気の流れ=振動」が調和されると呼吸が安定し、痛みが消えていく!!
ご存知のように、 私は鍼灸師をさせて頂いております。 学生時代、鍼灸について様々なことを学びましたが、 さっぱりわかりませんでした(≧∇≦) まず、『気』という目に見えないものを扱うところで戸惑いました。 学生最後の年に、 鍼灸を教えておられる多くの先生方に、色々と質問させていただきました。 しかし… 答えは返ってきませんでした。 目に見えないものを教えておられるので、 説明するにしても、過去の文献を見て 「こうなっている」としか言いようがなかったようです。 その後、卒業した私は目に見えないものを扱う鍼灸には興味が無くなり、目に見える筋肉や関節に注目するようになり、開業後10年以上トコトン西洋医学を勉強させていただきました。 しかし… 開業11年目に末期ガンで倒れてから、 目に見えない世界の作用を自分自身の体で体験することになったのです!!! 思い起こせば、数え切れない程のことを経験させていただきましたが、 今回、 簡単にまとめてみますと、 やはり、 『気=振動』のようなのです! 振動は、別の言い方で、波動とも呼ばれたりしております。(他にも数々それらしいものはありますが…音波、周波数、霊など) 『気』は、振動エネルギーのように思います。 そう考えると、 『気』の流れである「経絡(けいらく)=ツボの流れ」は、振動エネルギーの流れということになります。 中国の古典によると、 人体には35本の経絡が存在すると言われております。(主要な流れが12本、付随的な流れが8本、更に他に15本の流れがあるとされております) それを、『気=振動エネルギー』と捉えると、 経絡は、 振動エネルギーの流れと考えることができます。 いつも申し上げますが、 人間の体は、絶えず流動しております。 口、鼻から入ったものは、排便されますし、汗からも出ます。髪の毛、爪、目くそ、鼻くそ、耳垢としても出ます。 握手一回で約1000個の皮膚細胞が飛び散ります。 そのような人体は、 まるで、 絶えず動いている「海」のように例えることができます。 つまり、 『気』の流れは海流のような感じでしょうか。 日本海域でいえば、 太平洋側には、 北から千島海流が、 南から日本海流が流れております。 日本海側には、 北からリマン海流が、 南から対馬海流が流れております。 文字通り、海流は海の水の流れであり、 流れの強い筋道ですね! 更に、 それぞれの海流は、 地形によって、 流れが強くなる地点とそうでない地点があります。 これを、 人体に照らし合わせると、 体の中で、振動エネルギーの流れる筋道(経絡)があり、その筋道(経絡)上にも ツボとツボでない部分になると思います。 よって、 海流がない部分にいくら何か影響を与えても、流れが少ないので、与える影響は少ないと思いますし、 人体で例えるならば、 経絡上でない部分にいくら振動を与えても、振動エネルギーが増えることは少ないと思います。 また、 海流の流れが強い地点に何かの影響を与えると、弱い流れの地点にかなり影響することになります。 これが、 体ならば、ツボに必要な刺激を与える、 つまり、必要な振動を与えると、 弱い流れを整えてくれることになると思います。 ですから、 鍼灸治療を施す場合は、 この「経絡」という振動エネルギーの流れを整えることが大切に思います。 よって、 人体の経絡がどのような状態かを把握できると、整えることができやすいと思います。 私はこの気の流れは、絶えず何かの力によって調節されていると思います。 もちろん、 その力は、現代科学では全てを説明することはできません。 ただ、説明できなくても私達は、無意識にその力を頂き、人体の流れを調節しております。 無意識がほとんどなのですが、 意識できることもあります。 それが、『呼吸』です! 人間の呼吸数は1分間に約18回と言われております。(もちろん、個人差もありますし、運動時や安静時で違いますね) 海の波も、1分間に約18回の割合で浜に打ち寄せております。(もちろん、嵐の時には、大波となり、回数も増えるでしょう) このように、 海も人体も、 波であり、 振動エネルギーの集合体なのです! よって、 人体の気の流れ、 振動エネルギーを整えるためには、 『呼吸』の仕方がとても大切になると思います。 鍼灸治療で気の流れを整え、 つまり、振動エネルギーを整えてから、 『呼吸』を腹式呼吸でゆったりと行なうと、 振動エネルギーは更に大きくなり、 体の調子はドンドン改善すると思いますね!\(^o^)/ 最後までお読み頂き誠にありがとうございました。 本当に私達は、 不思議で、 未知で、 神秘的な、 世界に生かされているようです! 頼みもしないのに、 心臓は拍動し、 呼吸も行い、 目も見え、 耳も聞こえ、 匂いも嗅ぐことができ、 味もわかり、 触ることもできます!! これらの調節している波が乱れる場合、 生命の波の強い振動エネルギーを与えると全て調節されるようです! それを、 リラックスした安定した呼吸によって、 大きくなり安定し続けることができるようですね!\(^o^)/
貴重なご縁を活かせて下さいね\(^o^)/
いつも申し上げますが、 私達は、 波動の世界に生きているようです。 森羅万象全てのものには、 ある固有の周波数を持った波動があるようです! そして、 それらは、 ある条件が揃うと、 共鳴するようです! 私も日々その波動の共鳴に感動し、感謝しそして、敬服しております。 最近も 新たな出逢いがいくつかありました。 これは、 今、私が想い描いている夢と同じような夢をお持ちの方々との出逢いです! 波動がよく似ているようです! 例えると、 音階の和音のような存在ですかね! そう考えると、 自分の音階も日々変化しており、 その音階に調和する波動が引き寄せられて目の前に現れることになるように思います。 この貴重なご縁に感謝して、共鳴させて頂きたく思います。 最後までお読み頂き誠にありがとうございました。 以前も申し上げましたが、 『小才は縁と出逢って縁に気付かず』 『中才は縁と出逢って縁を活かせず』 『大才は袖触れ合うも多少のご縁』 ですね! ほんのちょっとのご縁でも、自分の人生に大きく影響するその貴重なご縁を活かせるといいですね!\(^o^)/
頭の中では、母国語が聴こえる?
先日、英語学習の記事を読んでいてフッと感じることがありました。 その記事の内容は、 次のようなことが書かれていました。 「ネイティヴスピーカーの発音を聞いて真似をして発音していると、次第に聞き取れるようになる。ネイティヴの発音が聞き取れるようになると、英文を黙読する時も頭の中では、ネイティヴの発音が聞こえるようになる。」 私達は、 物事を考える時、 日本人ならば頭の中で日本語で話して います。 つまり、どこの国の人も頭の中で考え たりする時、 母国語で話しています。 母国語で… 「こうしたら、いいんじゃないか」 「いや、でもこうしたほうがいいんじゃないか」 などと頭の中で言いあっているように も思います。 よく昔話などで、 「夢の中で神様の声を聞いた」とか いうお話をよく聞いたことがありま す。 最近思い始めましたが、 皆さんがよくある 「閃き」とやらも、 もしかしたら… どなたかのお声だったりして…と。(≧∇≦) 東京大学ご出身の池谷裕二教授は、 脳科学専門ですが、次のようにおっしゃいます。 「脳科学において、現代の最先端技 術は、記憶の固定まではかなり解明 できてきた。しかし、記憶の再生に 関しては殆ど解っていない」と。 過去の発明家を見ても、 すごい閃きをする時は、最終的に 今までの自分の知識以外のことに 繋がります。(この辺りが脳科学では殆ど手付かずのようですね。) 日頃から、何か大きな力によって、 何かを受信して生かされているように 思ってしまうのは私だけでしょうか? 最後までお読み頂き誠にありがとうございました。 自然の法則で生かされていることは間違いありません。 とにかく、今在ることに感謝して生かせて頂きます。
Pages: 1 2 3 4 5 >>